サラ金の借金と就職の関係

消費者金融に借金がある人の就職事情

消費者金融から借金があると就職に影響があると考えている方はいませんか?この就職難の時代、少しでもリスクは抑えたいですね。実際のところ、どうなんでしょうか。ハッキリ言って就職にはほとんど影響はないと思います。

一般企業に就職する際、雇い主もまじめな人材を求めているので、借金の有無は知りたい情報だと思います。しかし、金融機関以外の一般企業では個人の借金の情報を調べる手段がないのです。

金融機関は、お客様のお金を預かって運用する仕事をしているため、社員に対しても金銭管理は厳しいようで、就職希望者に対して消費者金融の利用状況やクレジットカードの利用状況などの負債の自己申告をさせます。自分がローンを組んでいる金融機関であれば、当然すぐに分かってしまいますが、その際に虚偽の申告をして後に露見した場合、内定などは取り消しになるかもしれないので正直に申告することをおすすめします。

負債があって問題になるのは、延滞などがある場合です。多少の負債があっても、きちんと返済していれば、あまり気にする必要はありません。金融機関は個人の負債を調査することが出来ますが、法律上の制限があり、何でもかんでも、できるわけではありません。

お客様から、借入の申し込みがあった場合のみ、個人信用情報機関に負債の照会を行い、個人の負債状況、返済状況を調査できます。つまり、あくまでも貸付判断の審査時以外は照会できません。

もし金融機関への就職を希望するのであれば、少しでもリスクを抑えて、万全の体制で採用試験にのぞむ方がベストですね。